XMの出金拒否・・本当の話

XMtradingの出金拒否の話についてまとめました。いくらトレードで勝ったとしても、そのお金が出金できずにいたらそのお金は存在しないも同じです。

実際にXMで出金拒否された、という話をSNSなどでみかけますが、それは事実なのでしょうか?

XMが出金拒否をするメリットはない

XMが出金拒否を意図的に悪意を持って行うことは絶対にありません。

海外FX業者は出金トラブルが不安で・・、という声を耳にします。確かに一部の業者ではトラブルがあるのも事実ですが、XMがそれをやってもマイナスにしかならないでしょう。

そもそもXMtradingは海外ブローカーとしては日本国内では最もユーザーが多く、世界的にもたくさんの顧客を抱えた大手企業です。

それほどの大手会社がたかだか数百万、数千万ほどのわずかな金額のために不当な出金拒否を行うことはあり得ないのです。

これだけ知名度があり、多くのトレーダーを抱えて莫大なトレードを行っているので、逆に不当な出金トラブルがあった場合、それに伴う悪評による顧客離れの方がよほど深刻で痛手となります。

XMにとって出金トラブルはメリットは全くなく、逆に顧客の評判や口コミが悪くなってしまい、口座解約につながってしまいます。デメリットしかないのです。

こういった大手で長い運営歴を誇るXMのような優良会社が詐欺行為を行うことはなく、詐欺行為をするのは、最初から詐欺による金銭取得を狙って設立した会社がほとんどです。

優良業者と詐欺業者の違いとは

海外FX業者も千差万別でXMのように長年正しい経営を行ってきた優良業者もあれば、お金を騙し取ることを目的として設立された詐欺業者も存在します。

XMは当然優良業者に分類されるわけですが。

信託保全、分別管理があり資金管理も万全、複数の国での金融ライセンスを所持、業者が介入しないNDD取引、世界最大のFX業者の口コミサイトFPA( https://www.forexpeacearmy.com/ )

  でもSCAM扱いはされておらず、安心してトレードできる会社です。

XMTradingでの出金拒否・トラブルはなぜ起こるのか?

詐欺目的ではなく、大手の正規FX業者であるのに、たまに出金拒否などトラブルの報告をみかけるがその原因は何でしょうか?原因をまとめました。

明らかな規約違反

XMの約款に書かれている規約を守らないと当然出金拒否となります。注意点は、ボーナス悪用のような最初から騙し目的ではなく、気付かないうちに規約に触れたケースです。

普通のトレードであれば全く問題ありませんが、規約にも目を通して何が違反になるかを知っておいたほうがいいでしょう。

出金不可のボーナスの出金依頼をする

XMをはじめとする海外FX業者には、豊富で豪華なボーナスを用意しているケースが多いです。リアル新規口座開設ボーナス3000円や、100%入金ボーナス、トレード毎に加算されるXMPなどがありますが、いずれもボーナス単体での出金はできません。

ボーナス自体は出金できないのにかかわらず、それを出金拒否だと勘違いしているユーザーがとても多いです。

キャッシュバックサイトを経由している

TariTali・RoyalCashBack・FinalCashBack・CASHBACKFOREX・CASHBACKVictoryといったいわゆるキャッシュバックサイトがありますが、これらのサイトを使うとXMtradingのボーナスが受け取れなくなります。

おまけに、1Lotトレードごとにボーナス付与されるので、自分の資産がわからなくなる恐れもあります。キャッシュバックサイトは個人情報漏洩の危険性も0とはいえないため、おすすめできません。

ボーナスのない口座で取引する方法も

ボーナスの基準がよくわからない、という場合は、「XMZero口座、Axiory、TitanFXなどボーナスのない口座で取引する」といいでしょう。

ボーナスの計算が複雑で面倒で嫌だ。という人は案外多いです。だからといってボーナスの受け取り放棄はできない・・、と考えるのであれば、XMであれば、最初からボーナス付与のされないXMZero口座やボーナスがないTitanFX、Axioryで口座開設をすればいいでしょう。

XMZero口座にはボーナスがない分、スプレッドを狭くして取引が可能だ。TitanFX、Axioryのように最初からボーナスのないブローカーもあります。これらの会社はボーナスがない分、スプレッドを狭くしており、ボーナスの算出する手間が省けます。

スプレッド特化のため、経験を積んだトレーダーはむしろこちらのタイプを好む傾向があります。

XMでは出金できない銀行がある

銀行はどこも同じだと思ってませんか?実は出金が可能な銀行と不可能な銀行が存在するのです。以前は可能だったが、今はできなくなったり、その逆で新しく取り扱い可能になった銀行もあります。

この状況は今後も変わっていくケースもあるので、敵的にマイページにログインして状況を知っておきましょう。出金できない銀行に出金手続、出金依頼を行っても、断られるのは当然のことです。

出金銀行の口座情報が異なると出金できない

出金依頼した銀行の口座情報が少しでも間違っていると出金エラーになります。

口座番号も1文字違っていても別口座と認識されますし、口座名義のローマ字と、XMに登録したときのスペルが違っていても出金できなくなります。
(例)
佐藤太郎「Taro Sato」「Tarou Satou」
佐藤花子「Hanako Sato」「Hanaco Sato」
この違いでも、別名義だと認識されてしまいます。

XMtradingでリアル口座を開設する際には、出金銀行口座の自分のローマ字表記をもう一度確認して正しく記入しましょう。

もしエックスエム口座の名義を違うスペルで入力していて、出金時に気づいた場合は、XMサポートセンターに連絡して名前の記入を間違えた事情を伝えて訂正してもらうように依頼しましょう。

XMの出金拒否のまとめ

XMtradingの出金拒否や出金トラブルは、顧客側の勘違いや規約違反であることがほぼすべてであり、XM側に責任があるものではありません。

ひどいのはトレードに負けた腹いせで悪評をふりまく人もいるみたいですが、もちろんそれで正当な評価が落ちるものではないのです。

もし、それでも納得のいかない事例が起こったのであれば、XMtradingサポートセンターにメールで問い合わせてみましょうう。

XMsupportcenter :support@xmtrading.com

XMには常駐の日本人スタッフが10人以上おり、他社のように翻訳を介したやり取りではなく、対応もしっかりしています。

気を付けるべきは気づかないうちに行ってしまっている規約違反です。これに抵触するようなことは避けておけば、出金拒否になる事態はまず起こらないといえます。

タイトルとURLをコピーしました