XMで口座を開く時にマイナンバーは必要?

XMで口座開設をしたいんだけどマイナンバーは必要かどうかについてまとめました。

以前はマイナンバーそのものが存在していなかったので、身分証明書として運転免許証や健康保険証の提示を持って、身分証明書としてのの確認をおこなっていましたが、国内業者では現在必須となっています。

XMではどのような状況でしょうか。

XMではマイナンバーは不要

2016年1月より、国内FXでは新しく口座開設する際にはマイナンバーの提示が必須となりました。これは新規だけではなく、既に口座を持っている人であっても、マイナンバーの提出は義務となっています。

ただ、兼業トレーダー、副業投資家の中には、
「マイナンバーはできれば提示したくないんだけど・・」
と思われている方もいると思います。個人情報をできるだけ漏らしたくない、改めての提出が面倒、といった理由が主ですが、そういった方にはXMtradingをおすすめしています。XMは国内の法律が適用されないので、マイナンバーの提出義務もないからです。

ただ金融業であることにかわりはなく、他の身分証明書の提出は必須です。本人確認ができないと口座を開設することができません。

マイナンバーとは

マイナンバーとは、日本国民全員に1つずつ、12桁の番号が与えられる個別の番号です。普段はそれほど使う機会のないものだが、個人を識別する番号として、重要性が高いのです。そして現在では、国内FX業者にも提出が義務付けとなっています。

理由としては、「脱税防止」です。国家が税金、年金の管理を一元化して分かりやすくするものであり、マイナンバーで管理することで、違法な脱税を逃れることが難しくなります。

「会社にばれてしまう・・」と不安視する副業トレーダーがいるかもしれませんが、あくまでもマイナンバーは税務署に提出されるもので、会社に出されることはありません。

マイナンバーで会社にバレるということはないのです。

国内FX業者でのマイナンバーの提出方法

dmmFX、ヒロセ通商など国内FX業者の場合はマイナンバーをスマホで撮って、会社所定のWEBページにアップロードするだけで完了します。とても簡単です。

郵送、メール、FAXといった方法でも可能ですが、アンドロイドやiphoneなどスマホで撮ってアップロードするやり方が一番手軽で現在はこのやり方が多いでしょう。

このようにマイナンバーの提出自体は簡単ですが、国内業者の場合はマイナンバー提出が必須となるため、マイナンバーを提出せずにFXを始めたい場合は、国内のFX業者では不可能です。

海外のFX会社ではほぼ提出不要で口座開設できる

XM以外でもtitanFX、Gemforex、FXGTなど他の海外FX業者であれば、日本の法律が適用しないため、マイナンバーの提出は必要ないケースが多いです。

海外FX業者を使っている人は年々急増していますが、マイナンバーを提出が不要というだけでなく、

・レバレッジ規制がなく、ハイレバレッジトレードが可能
・ゼロカットシステムで借金を背負うことがなくなる

といったメリットがたくさん存在します。XMもこのメリットを享受しているので、トレードが圧倒的に有利になるわけです。

納税と確定申告は絶対に必要

XMなどの海外FX業者ではマイナンバーの提出義務はありませんが、それは税金を払わないですむ、という話しにはつながりません。利益を出したら、年度末に確定申告をおこない税金は納めなければいけません。

当然脱税はできませんし、一時的に逃れても必ずばれて罪に問われます。

悪質であれば刑事告発もありますし、さらに追徴課税として通常より高い税金を払うはめになることもあります。国民の義務のして税金は忘れないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました