Axioryの追加口座作成方法

AXIORYでは追加口座をMAX10口座まで所持することができます。

追加口座を新しく開設して、トレード方法を変えて検証したり、通貨ペアごとに分けるやり方、レバレッジごとに分ける方法もあります。

口座ををそれぞれ分けることで、検証もしやすくなりますし、そこから新しい手法を見出すこともあるでしょう。

ここでは、AXIORYの追加口座の作り方や、複数口座を持つメリットやデメリットなどをまとめました。

AXIORY追加口座の作り方

AXIORYの追加口座開設手順をステップで解説していきます。

「「追加口座作成は、事前にAXIORYアカウントが必要
AXIORYで追加口座を開設するには、あらかじめAXIORYアカウントを準備しておきます。

事前にメイン口座を所持しておくと、次の追加口座の開設が簡単にできます。

AXIORYの口座追アカウントを持っていなければ、「AXIORYの口座開設ページ」から登録しておきましょう。登録は5分程度で簡単にできます。」」

手順1 公式サイトの「MyAxiory」にログインする

AXIORYの公式サイトトップページにアクセス後、画面上部の「MyAxiory」(会員ページ)に控えているパスワードでログインします。
スマホの場合は右上のメニューから「MyAxiory」をタップします。

パスワードは口座開設後のメールに書いてありますので、メールは削除することなく保存しておきましょう。

手順2「追加口座開設」タブをクリック

「MyAxiory」ログイン後、「追加口座開設」タブをクリックします。

タブをクリックすると追加口座開設の設定フォームが出てくるので、各項目を設定していきます。

・リアル口座・デモ口座

AXIORYの追加口座でリアル口座かデモ口座を選択します。

・プラットフォーム(MT4かcTrader)

AXIORYのプラットフォームは「MT4・cTrader」の2種類あります。

自動売買であればMT4、裁量トレードはcTraderという使い方が一般的です。cTrader採用の業者が少ないことから、ctrader目当てでAXIORYを利用するケースも多いです。

口座タイプ(スタンダード口座かナノスプレッド口座)

最初の口座はスタンダードがおすすめですが、追加口座としてスキャルピングを試したいのであれば、スプレッドの狭いナノスプレッド口座を使ってみましょう。

・通貨(JPY/USD/EURのいずれか)

通貨はどれがおすすめ?
AXIORYで口座の入出金や注文時の通貨を日本円、アメリカドル、ユーロの中から選びます。

手数料の安い国内銀行送金が使えるので、日本円がおすすめです。

Curfex利用は、海外送金扱いとならないため、銀行側の受け取り手数料が約3,000円節約できます。

アメリカドル、ユーロになると、国内銀行送金が使えないため、他の手数料の高い方法を使うことになり、その分出費がかさんでしまいます。

・レバレッジ(1倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍)から選びます。

AXIORYのレバレッジは、最大の400倍でOKです。

ハイレバレッジが不安な方は低くしてもかまいませんが、基本的にレバレッジが高いほうが、その分、少ない資金で利益幅をふやすことかできるからです。

レバレッジが後から変更できるので、最初の設定時に深く悩む必要はありません。

手順3 マイページにログイン

追加口座設定が終了したら、口座開設ボタンをクリックすることで、手続きは終わります。

その後、AXIORYから口座アカウント番号とパスワードが記載されたメールが届くので、保存しておくようにしましょう。

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました