AXIORYヒストリカルデータのダウンロード、バックテストの方法

AXIORYではヒストリカルデータ(過去の値動きをまとめたデータ)を公式サイトからダウンロードできます。

 

ヒストリカルデータを重要視するトレーダーは多いと思いますが、ここではAXIORY公式サイトからヒストリカルデータダウンロードのやり方、MT4へのインポート方法を紹介します。

 

AXIORYヒストリカルデータのダウンロード方法

 

AXIORY公式サイトからのヒストリカルデータダウンロードの方法です。

 

MT4ヒストリカルデータをクリックすると各通貨ペアが年別・口座別に並んでいるので、希望のダウンロードデータを選びます。

 

クリックすると、zip形式でダウンロードが始まります。終了したらzipファイルを展開します。

するとエクセルのファイルが開きます。

 

zipファイルを展開後、ファイルを開くと各月のデータが出てきます。

 

AXIORYのヒストリカルデータをMT4へインポートする方法

 

保存したヒストリカルデータをMT4へインポートする方法です。

AXIORY-MT4にログイン、MT4の上メニューの「ツール」「ヒストリーセンター」の順にクリック。

 

「ヒストリーセンター」を開いたらダウンロードしたヒストリカルデータと同じ通貨ペアを展開。

展開したら1分足を選択します。

 

「参照」ボタンをクリック。


先にダウンロードしたヒストリカルデータのフォルダを開き、インポートしたい時期を選択します。

全部の時期を見たいのであれば全データで構いません。

選択したら「開く」をクリックしましょう。


選択して、開いたら、以下のようにヒストリカルデータの期間が表示されます。


上のようにヒストリカルデータが表示されたら、「OK」をクリックします。


反映を確認して「インポート」をクリック。見た目インポートされていないときは、下までスクロールしてみるとちゃんと反映されているケースが多いです。

 

これでバックテストの準備ができました。

 

AXIORYのヒストリカルデータでバックテストを行う方法

 

ヒストリカルデータでバックテストを行っていく方法です。

 

特にEA・自動売買を使う場合はそのEAがどのような成績があげられるかをバックテストで、EAの判別ができるようになります。

 

メニューの「表示」「ストラテジーテスター」をクリック。


するとMT4の下部に、「テスター」という画面が表示されます。


「セッティング」画面で「エキスパートアドバイザー」を選択。

そして、バックテストを行いたい通貨ペアや期間を設定。

 

EAのバックテストを行いたい時は、EAのバックテストマニュアルの指定通りに設定します。

 

設定後「スタート」を押します。「結果」はセッティングというタブの隣に表示され、「グラフ」「レポート」も出力されます。

 

ヒストリカルデータの活用方法EAのバックテスト以外にも使い勝手がある

 

AXIORYのヒストリカルデータは公式サイトから無料でダウンロードすることができます。

活用方法をあげます。

 

EAのバックテスト

 

バックテストのために使う人が一番多いです。EAが本当に活用できるかどうかをヒストリカルデータを使ったバックテストで確認することができます。

 

EAは数多く販売されています。そしてバックテストデータも提供されていますが、その信ぴょう性が高いかどうかは分かりません。中には詐欺同然のEAも残念ながら存在します。

 

自分で確認したデータに勝るものはありません。

 

過去のトレンドを見る

 

過去のデータを見ることができます。

 

その時期のトレンがなぜ起きたのかの理由が判明すれば(経済指標時、要人発言、天災でトレンドが起きた、)同じ状況下でのトレンドが現在にも発生し、同じ値動きになると予測もできます。

 

もちろん、トレンドは同じ時期に同じように起きるとは限りません。

 

同じような要人発言があったとしても、前回と今回では真逆の動きをすることもあります。ただし、予測という観点では過去データがある程度は信頼のおけるものとなります。

 

 

まとめ

 

AXIORYの過去のヒストリカルデータをダウンロードすると、相当な量の情報が入手できます。

 

もちろんそのデータだけで勝てるわけではありませんし、活用しなければ全くの無意味なものにしかすぎませんが、それでもこういったデータを提供してくれるのはありがたいことです。

 

中でもEAを使う人にとっては、アキシオリーのヒストリカルデータは必須のものだといえるのではないでしょうか。

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました