バヌアツ金融ライセンス

海外FX業者が取得している金融ライセンスは、世界中に多くの種類がありますが、ここではバヌアツ金融ライセンスについてまとめました。

 

バヌアツ金融ライセンス詳細

 

日本語名 :VFSC金融サービス委員会
英語正式名称: Vanuatu Financial Service Commission
略称: VFSC
Web: https://www.vfsc.vu/

 

バヌアツ共和国の首都: ポートビラ

VFSC の概要
バヌアツ共和国は南太平洋の小さな島国です。100に満たない島々で構成されています。日本ではあまり聞くことのない国ですが、国家政策として所得税や法人税などがないタックスヘブンを実施しており、オフショア金融規制機関となっています。

 

バヌアツ金融サービス委員会は1993年に設立されています。

 

 

バヌアツライセンスを持ったFX会社


AccentForex   https://accentforex.com/
Doo Prime   https://www.dooprime.com/
MILTON MARKETS  https://miltonmarkets.com/
PRC Broker   https://www.prc-brokers.com/
TitanFX  https://titanfx.com/
UFX   https://www.ufx.com/

 

日本人になじみのある会社は、タイタンFX、ミルトンマーケッツがあげられます。

 

TitanFXの声明文


VFSCライセンス取得には、法人代表者、株主、スタッフの身元調査をはじめ、担保供託、独立監査、紛争解決、公正取引の義務付け等、厳格な規制監督と要件が求められることから、お客様には、これまで以上に弊社のサービスに信頼頂ける環境となりました。

 

TitanFXは、ニュージランドのFPSRの登録を解除し、その代わりにバヌアツライセンスを取得しています。これは、FPSRライセンスが厳格になり、日本人受け入れを行うことが難しくなったことから、規制の緩いVFSCへ移管したという経緯があります。

 

バヌアツライセンス自体は、日本人にとってはマイナーですが、世界的にはFX会社のライセンスとしては人気が高いもので、タイタンFXが取得していることで信頼度を高めていることに変わりはありません。

 

バヌアツVFSCライセンスまとめ

 

かつては、審査が緩いこともあり、オフショア金融規制機関として高い人気でしたが、反面信頼感にかけるというデメリットもありました。

 

ただし、VFSCの方向転換があり、新規制政策を行うことにより、今まで以上に信頼性の高い企業だけに絞られて、基盤の安定していない企業はライセンス解除という流れになりつつあります。

 

タイタンFXはその中でもライセンスを維持し続けていることから、会社基盤の安定性や信頼度においては一定以上の評価を受けているといえます。

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました