Axioryの複数口座/複数アカウントについて

海外FX業者のAxioryは、複数口座を開設することができます。

ここでは、複数口座開設方法、複数アカウント、複数口座を持つ意味や活用方法、使い分けについて解説します。

Axioryの複数口座は10個まで開設可能

AXIORYは追加口座として複数の口座を持てます。メイン口座以外に9口座を新たに開設できるので、最大で合計10個のリアル口座が開設できるのです。

10口座の複数口座を持てるわけですが、現実として10個の口座を持つことはほぼないといってもいいでしょう。実際に管理も大変になります。

AXIORY(アキシオリー)の複数口座(複数アカウント)の開設方法の手順

AXIORYはアカウントひとつで複数口座を簡単に開設できます。開設方法はたった5分足らずの手続きで完了します。

1.AXIORYマイページの追加口座開設フォームへアクセス

2.AXIORYの追加口座開設フォームを記入

追加口座開設フォームで必要事項を記入していきます。

プラットフォーム:MT4か、cTraderを選択。

自動売買はMT4・スキャルピングはcTraderがおすすめできます。


口座タイプ:スタンダード口座か、ナノスプレッド口座を選択

こだわりがなければスタンダード、スキャルピングメインであればナノスプレッド口座

通貨:JPY・USD・EURのいずれかを選択(jpy円建て口座がおすすめ)

レバレッジを選択:1から400のいずれかを選択

 

スキャルピングとスイングトレードを分けて管理したい方、MT4だけでなく、cTraderも使ってみたい方、通貨ペアごとに管理したい方にとっても複数口座の開設は必要になります。

 

AXIORYで複数口座を使うためのおすすめ設定

AXIORYでトレード行う際の手法や、環境などはトレーダーそれぞれによって異なるため、口座開設は、自分の思うようにやってもいいでしょう。

ただ、どちらを選択すればいいか分からない、という人のために、設定を行う際の基準について説明します。

・AXIORYのプラットフォーム

AXIORYは、プラットフォームがMT4とcTraderの両方を提供しています。MT4採用の会社は多いですが、cTraderは少ないので、ctrader採用会社の中で一番スペックの高いアキシオリーを使っている人が多いです。

MT4は、EA・自動売買システムを使う際に適しています。裁量トレードのスキャルピングに適しています。

裁量トレードはcTrader、自動売買はMT4を選択しましょう。

・AXIORY(アキシオリー)複数口座(複数アカウント)の口座タイプ

 

スタンダード口座はデイトレード、スイングトレードに向いており、ナノスプレッド口座ほどではないものの、他社と比較しても狭いスプレッドで低コストとなっています。

AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座は、スプレッドが狭く、取引手数料も安くスキャルピングに適しています。

一般的にXMでいうゼロ口座、やアキシオリーナノ口座のECN方式は、スキャルピング回数に制限があったり、EAを利用できなかったり利用制限がありますが、ナノスプレッド口座はスタンダード口座とほぼ同じ条件でトレードできるのがメリットです。

ただし、ボーナスは利用できません。アキシオリーのボーナスキャンペーンはほとんどありませんが、それでも開催する場合はそのキャンペーンが不適用となります。

最初の口座開設はスタンダード、2番目以降はナノスプレッド口座開設をおすすめします。

複数口座開設時の通貨

通貨は、ドル建てでも可能ですが、日本人で円を使うことが多いのであればJPY口座(日本円建て)がおすすめできます。

日本円建てがレート計算しやすいのと、確定申告での損益計算の手間を減らせます。

USDとEUR建てだと、日本円へのレート換算という手間が入ってしまうので、いちいち面倒になります。

レバレッジは何倍がいいの?

レバレッジについては、最大の400倍にしておいて大丈夫です。

海外FXがはじめての人はハイレバレッジだと不安に感じてしまうでしょうが、レバレッジ倍率が大きいほど、少ない証拠金でトレードできるので、おすすめです。

 

複数口座所持していても口座維持手数料や口座凍結がない

AXIORYで複数口座を所持するメリットは、他社で発生するような口座維持手数料や口座凍結がないことです。

手数料がかからないので、気軽に複数口座を持つことができますが、考えて必要な分だけ開設するようにしましょう。

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました