EXNESSは仮想通貨の取引も可能

海外FX業者EXNESS(エクスネス)では、通貨ペア以外にも仮想通貨をトレードができます。

多くの通貨ペアを取引できることをアピールするか海外FX業者、国内FX業者は数多いですが、仮想通貨もあわせて取引できる会社はそれほど多くはありません。

一時期は盛り上がりを見せたものの、そのあと下火になってしまった暗号通貨ですが、exnessで取引することのメリットとデメリットをまとめました。

exnessでは仮想通貨取引が可能

エクスネスの取引は、米ドル円、ユーロドルといったメジャー通貨ペア取引以外でも多様な商品の取引ができます。ビットコインをはじめとする仮想通貨を取引することができます。

ビットコイン以外ではビットキャッシュ・イーサリアム・ライトコイン・リップルといった暗号通貨が取引できます。

・スタンダード口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座の3つの口座でトレードできます。

exnessの仮想通貨取引は、ポジションを日をまたいだ時のスワップが発生しないのが特徴です。

マイナススワップもプラススワップも発生しないので、スワップポイント狙いはできませんが、スワップポイントに左右されないので、ガチホールドで長期保有やスイングトレードを行う際には、エクスネスは適しているでしょう。

スプレッドも仮想通貨取引所よりも狭く仮想通貨取引所でトレードするよりは有利な条件での取引ができます。最大レバレッジは100倍と通貨ペアの2000倍よりは抑えられていますが、それでも国内業者よりはハイレバレッジになります。

レバレッジ100倍で仮想通貨を保有できて、スワップポイントがつかないのはという取引条件はメリットが大きくエクスネスの大きな特徴のひとつといえます。

スプレッドはあるものの、国内仮想通貨取引所よりも狭く、長期保有の場合、現物取引と同じ条件となります。

レバレッジをかけたい、そしてガチホールドで、仮想通貨を長期保有したいのであれば、exnessの取引条件はプラスに働き大きなメリットになるでしょう。

また、Exness は仮想通貨トレードが24時間年中無休で行うことができます。

海外FX業者は265日年中無休で24時間オープンという会社は限られています。

exnessについては土日も仮想通貨のトレードができるので、土日に取引を行ってみたいトレーダーにとっても使ってみる価値はあります。

Exness の仮想通貨の取引条件は公式サイト内の「契約仕様」から確認できます。

公式webサイトトップページ⇒ヘルプセンター⇒取引⇒一般的な質問⇒暗号通貨での取引
から閲覧可能なので、一度目を通しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました