exnessはMT4、MT5からの選択可能

海外FX業者exness(エクスネス)のトレードツールについて解説しました。メタクォーツ社が開発した世界シェアトップのトレードツールメタトレーダーを採用しています。

MT4、MT5の2種類ありますが、どちらを選択すればいいのでしょうか?

exnessはMT4、MT5両方から選択可能

海外FX業者exness(エクスネス)の取引プラットフォームはMT4、MT5の2種類あり、最初のリアル口座開設時にどちらかを選択することになります。
「メタトレーダー4、5、どっちを選択したらいいの?」と思われるかもしれませんが、これはどっちでも構いません。

exness-MT4
今までのFX業界を背負ってきたトップシェアを誇るプラットフォームで、歴史が長い分豊富なインジケーターが用意されているので、希望のインジケーターが見当たらないことはまずありません。

exness-MT5
今までのMT4の後継版としてリリースされたのが、exness-MT5です。
MT4の細かい改善点や動きの鈍さ、反応の遅さが改善されており、MT4が「カクカク」とした動きになるのに対して、MT5は「サクサク」と快適な動きのため、ストレスがたまることがありません。

特にスキャルピングを行うトレーダーにとっては、反応の悪さは致命的なので、レスポンスの良いMT5の方がおすすめです。

今までは、MT4のインジケーターの豊富さと比較して、MT5のインディケーターの数が少ないといわれてきましたが、2020年以降は、MT5の数もだいぶ揃ってきて、MT4と比較してもそん色ないレベルにまでなってきています。

どちらか迷ったらこだわりがなければMT5を最初に導入しておけば間違いないでしょう。

もちろん、EXNESSでは追加口座の開設も可能ですし、その際には最初に選択しなかった方のプラットフォームを選ぶことができるので、最初はあまり意識せずに選んでもまったく問題はありません。

MT4を選べないブローカーもある

最近では、XM、TitanFX、といった大手の有力ブローカーもMT5を導入していて、一気にトレーダーのMT5普及が進んできました。

これらの会社は従来のMT4に加えて新しくMT5も選べるようにしているケースが多いのですが、
FXGTのように、プラットフォームがMT5のみとしている会社もあります。

特に新しい会社では、旧型のMT4をあえて導入する必要はないと考えているようです。

まとめ

エクスネスは、MT4、MT5の両方が使え、最初のライブ口座開設時にどちらかを選ぶことになります。従来でしたらメジャーなMT4での口座開設が多かったのですが、最近ではMT5で開設する人が増えてきました。

迷ったらMT5を選んでおけば大丈夫です。

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました