TitanFXの評判と口コミについて

TitanFX(タイタンFX)は、業界トップクラスの低スプレッドを武器に新規顧客を増やしている人気海外FX業者です。タイタンFXの魅力はどこにあるのかを、特徴、メリット、デメリット、競合他社と比較しながら徹底検証しました。

TitanFXの特徴

人気海外FX業者のひとつ、タイタンFXは、2014年にサービスを開始したバヌアツに本拠地をおく海外FX業者です。そろそろ新興会社から中堅会社へと移行するあたりです。

 

2013年に日本人トレーダーから支持されていたオーストラリアFXブローカーPepperStone社の役員陣が日本市場を睨み、新しく日本人向けに設立したのが経緯です。

 

ペッパーストーン社のハイスペックは上級レベルのベテラントレーダー中心に絶大な支持を受けており、タイタンFXは、その流れを受け継いています。

 

TITANFXのメリットとデメリット

かつて海外FX業者のPepperStone社に口座開設して利用していたユーザーにとっては、タイタンfxの参入は、待ち望んでいたことでしょう。

実際にTitanFXは、今までのユーザビリティを引き継いだものといいかもしれません。
ここでは、その強みと弱みについて解説します。

TitanFXのメリット
・スプレッドが狭く取引コストが安い
・最大レバレッジ500倍
・自動売買システム(zulutrade)が利用可能
・MT4・MT5が利用可能
・NDD方式を採用
・日本語サポート対応

・約定力が高い
・bitwallet入金・出金に対応
・証拠金維持率が20%

スプレッドが狭い

タイタンFXの一番のメリットがスプレッドが狭いことです。

海外FXの代名詞といえるXMと比べても、すべての通貨において狭く、強みが一目瞭然です。


ボーナスがない分、スプレッドに還元してくれているのはありがたいところです。

 

最大レバレッジ500倍・ロスカット水準20%。追証なし

最大レバレッジ500倍、ロスカット水準20%とというスペックです。

 

レバレッジ500倍は海外ブローカーとして平均的だが、ロスカット水準20%なので、含み損にはある程度まで耐えられます。
ゼロカットシステムも採用しているので、預けたお金以上の損失がなくなることもなく精神的にも安心した状態でトレードに専念できるでしょう。

 

自動売買システム(zulutrade)が利用可能

ずーるトレード(ZuluTrade)も使えます。ZULUは世界中から集めた裁量取引とシステムトレードの売買シグナルを誰でも自由に使えるコミュニティであり、多くの手法をコピートレードのように再現できます。

・Zuluガード
自動売買の破綻防止用取引監視サービス。指値や逆指値を設定し、そこが迫るとメッセージアラート通知で通知してくれます。

・Zuluランキング
どのEAがおすすめで人気なのがが分かります。勝率や・リスク・証拠金必要額も一覧になっているので、一目みただけで分かるようになっています。

・口座シミュレーター
ZuluTradeで選んだストラテジーの利益を予想するシミュレーターです。あくまでシミュレーターなので、バックテストと同様に考えることができます。

 

MT4に加えてMT5も利用可能

かつてはMT4のみであったが、2019年11月からMT5も併用して使えるようになりました。

 

特にスキャルピングの裁量トレードであれば、MT5が有利になります。これからメタトレーダー5が主流になっていくので、今のうちから慣れておきましょう。

 

自動売買は今はMT4が主流ですが、今後はMT5にかわる可能性も十分にあります。

 

NDD方式採用

NDD方式採用のため、スキャルピングに対する規制もなく、ロット数を大きくしても問題ありません。国内業者が主流とするDD方式ではないので、取引の透明性が高く、安心感を持ってトレードが可能です。

 

完全な日本語対応

日本語対応も完璧です。海外FX会社の中には、日本人スタッフが不在なのに日本語対応を謳っている会社もありますが、タイタンは日本人のネイティブスタッフがいるので、メールやチャットでも問題なくスムーズな会話をおこなえます。

 

TITIANFXのデメリット

口座開設の前にタイタンFXのマイナス点も目を向ける必要があります。弱み、デメリットといった弱点も見ていきましょう。

 

2014年創業とまだ日が浅い
初回入金額は200USD以上
キャンペーン・ボーナス制度なし

金融ライセンスの信頼度がやや低め

 

2014年創業とまだ日が浅い

 

XM、iforexなどと比較するとまだ創業してからの年数が浅く、古株、老舗とまではいえません。

 

営業年数が経つにつれて、信頼度も少しずつ上がってくるが、年数についてはやむを得ない面もあるので致し方ないでしょう。

 

それでも新参者ではなく、中堅業者ともいえる年数には到達していて、信頼度についてはじょじょに高まってきている印象です。

 

初回入金額は200USD以上

初回入金額が日本円にして2万円以上となっています。

 

他社をみると、もっと安い金額での入金が可能となっているところも多いです。

 

おまけにtitanfxは口座開設ボーナスもないため、実際に金額を実際に入金してからのトレードとなります。全くの初心者からすれば、少し勇気が必要となります。

 

 

タイタンFXはボーナス・キャンペーンがない

 

タイタンFXはボーナス制度がまったくありません。新規口座開設ボーナス、入金キャンペーン、友達紹介キャンペーンなど、他社では新規顧客開拓のためにボーナスキャンペーンをおこなっていますが、それらも開催していません。

 

「ボーナスなし」に対するTITANFXの答えは明確で、ボーナスに割く分があればその分スプレッドの狭さやサーバの増強にあてるという考え方を持っています。

 

ボーナス目当てのトレーダーは初心者が多いですが、その反面多頻度売買を行う上級、中堅レベル以上のスキャルピングトレーダーからみれば、スプレッドとして還元してもらったり、サーバが安定していてスリッページがないということがむしろメリットにつながるでしょう。

 

金融ライセンスの信頼度がやや低め

TITANFXは、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを取得しています。

 

他社が取得しているのは、英国、キプロス、セーシェル、ニュージーランドあたりが多いですが、それらと比較すると取得難易度が低く、ライセンスの格付けでも若干下となります。

 

ただし、ノーライセンス営業ではなく、今までも大きなトラブルになったこともないから、そこまで不安になることもないと思われます。

 

口コミと評判

FPAでの口コミは見られませんでした。国内ではtwitter、5ch、facebookといったSNSでの口コミと評判について調べてみると現在の顧客からの評価が分かります。

タイタンFXに乗り換えた人はスプレッドの狭さが目に付くでしょう。国内FX業者と比較してもそん色ないレベルです。

2018.1.19
XMからTitan fxに。

理由
・✨スプレッドがXMよりかなり狭い
・レバ500
・✨現在値に関係無く直近に損切り&利確を設置できる。
・MT4
・入金出金方法は変わらない。
・証拠金20%ロスカット

損切り注文が直近に自由に注文出来るって、局面的には有り難い場面がありますよね…スプも12:05 PM – Jan 21, 2018 お休み💤@B6793821

 

国内FX業者だけではないです。XMからタイタンへの移行の人もいます。XMはスプレッドが広いといわれており、その点が改善されることでタイタンにメリットを感じるのでしょう。

 

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました