exness(エクスネス)の口コミと評判について

2020年に日本人の受け入れを始めたexness(エクスネス)についての評判と口コミをまとめました。FX歴がそれほどない人にとっては、新規FX業者のようなイメージを受けるかもしれませんが、設立は2008年と新規業者ではなく、中堅の部類となります。

かつては、日本市場にも参入していましたが、景気動向から一旦日本から撤退していました。

2020年に再度参入という形で再登場しました。

満を持しての再参入ということで、エクスネス側にとっても、気合の入りようも大きいものがあります。

EXNESSの評判

EXNESS(エクスネス)は、FX歴の長い人であればご存じでしょうが、新しい人であれば初めて耳にするかもしれません。日本市場参入は2020年と後発ですが、以前にも参入、撤退を行ったことがあって、今回が2回目の日本市場登場です。

創業は2008年で、金融ライセンスもセーシェルFSAを取得、日本語サポートハイレバレッジ2000倍など、スペック的には十分なレベルです。

日本国内のFX歴の浅いトレーダーにとっては、聞いたことのない会社で不安になるかもしれませんが、海外最大級のFX掲示板Forex Peace Army「FPA」ではかなりの高評価で、SCAM(詐欺)判定もなされておらず、信頼感、安心度は高いといえます。

日本国内トレーダーもかつてのexnessを使っていたユーザーからは高い評価を得ていました。

分別管理はありますが、信託保全はありません。

通貨ペアは127銘柄

取引可能通貨ペアは127種類と十分な数です。メジャー、マイナー、エキゾチック通貨ペアとしっかりと揃っています。

仮想通貨取引が可能

exnessでは仮想通貨FX(ビットコインFX)=仮想通貨のCFD取引(レバレッジ取引)ができます。

Exnessで取引できる仮想通貨FX銘柄は、現在5種類です。

・ビットコイン(Bitcoin)
・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)
・イーサリアム(Ethereum)
・リップル(Ripple)
・ライトコイン(Litecoin)

仮想通貨FXトレードは、スタンダード口座とロースプレッド口座、ゼロ口座タイプが対応しています。リップルが取引できるのは、MT5スタンダード口座だけです。

仮想通貨FXの取引環境と取引条件

Exnessの仮想通貨FXの取引環境と取引条件についてです。

銘柄シンボルレバレッジコントラクトサイズ最小取引量
ビットコイン/日本円BTCJPY100倍1 BTC0.01 lots
ビットコイン/米ドルBTCUSD100倍1 BTC0.01 lots
ビットコイン/韓国ウォンBTCKRW100倍1 BTC0.01 lots
ビットコインキャッシュ/米ドルBCHUSD20倍1 BCH0.01 lots
イーサリアム/米ドルETHUSD20倍1 ETH0.01 lots
ライトコイン/米ドルLTCUSD20倍1 LTC0.01 lots
リップル/米ドルXRPUSD20倍1 XRP0.01 lots


Exnessの仮想通貨取引ではスワップポイントは発生しないので、スワップ狙いのトレードはできません。ゼロカットシステムには対応しているので、借金の心配もなく、土日祝日含めて24時間365日トレード可能です。

日本語サポートは十分

公式サイトの日本語化、日本語によるメールサポートは迅速で不自由を感じるレベルではありません。exnessが再参入にあたって気を付けている部分でもあるので、しっかりとした対応力です。

レバレッジは2000倍

レバレッジは2000倍と、FBSの3000倍に次ぐハイレバレッジです。国内FX業者の25倍はもちろん、XMの888倍、Gemforexの1000倍をも上回っており、ハイレバを試したい人にとっては打ってつけのブローカーです。さらに条件次第ではレバレッジ無制限にもなります。

MT5が利用可能

メタクォーツ社のメタトレーダー4だけでなく、MT5も用意されており、選択可能です。最近ではMT5がスタンダードになりつつあるので、MT5を試したい人にとってはありがたいでしょう。

exnessのデメリット

エクスネスのデメリット、マイナスポイントについてあげてみました。

スワップポイント狙いは厳しい

スワップポイントについてはマイナススワップが高いです。プラススワップになる通貨ペアでもポイントは抑えられていて低めなので、スワップポイントを狙った長期保有については不向きです。

ボーナスキャンペーンがない

豊富で充実したボーナスやキャンペーンを展開している海外FX業者ですが、エクスネスは現時点では大規模なボーナスやキャンペーン制度を行っていません。

exnessはレバレッジ、スプレッド、日本語サポートのスペックはしっかりとしているので、純粋にスペック身で勝負といったところでしょうか。

ただし今後はボーナスなども展開する可能性はあります。

まとめ

一旦日本市場から撤退したexnessですが、満を持して再参入を果たしました。

もちろん勝算があってのことでしょうし、スペックを見ても、他社には全くひけをとっておらず、他社を使っていても、魅力を感じられるレベルのハイスペックを誇っています。

世界的には十分な知名度を持つ安定したブローカーなので、日本市場に定着してほしいと考えているトレーダーは案外多そうです。

タイトルとURLをコピーしました