XMの口座開設時、住所記入の注意点

ここでは、XMリアル口座開設時の住所の書き方の方法をまとめました。

デモ口座とリアル口座では、本人確認の項目がもっとも異なります。

XMは海外FX業者なので、住所を通常の日本語ではなく英語での入力が求められますが、日本語で入力するときと英語は違うので、戸惑う人も多いようです。

ひとつずつ丁寧に入力しておけば簡単に項目を埋めることができます。

XM口座開設時の住所の書き方

XMtradingのリアル口座開設時は個人情報を入力する項目がありますが、そこでは英語・ローマ字での入力を行う欄があります。

もちろん英語力などは全く必要なく、難しい箇所はありません。自分の名前はローマ字で記入することができると思いますが、住所入力もそのレベルです。

ただ、住所の書き方では海外では違う順番になるのでその点だけ注意が必要です。

 

https://www.fxreview.jp/9/

XM口座開設での住所記入のやり方

XMの住所の書き方で抑えておくべきポイントを順番に説明します。

ここから

1,都道府県・市を入力
2,番地・部屋番号を入力
3,区町村・町名を入力
4,郵便番号を入力

1,都道府県・市を入力

まず都道府県と市を入力していきます。

例・Tokyo,Osaka,Fukuoka,Hokkaido,

この都道府県のあとに市を入力するのですが、この際に「市=Shi」と入力しましょう。

例・Musashino-Shi,Tachikawa-Shi,Yokohama-shi

ちなみに東京23区にお住まいの方は、③の部分に区を入力するので、まずは「Tokyo」とだけ記入をしておけば大丈夫です。

2,番地・部屋番号を入力

次に番地と部屋番号を入力します。ここの表記が異なるので注意です。

日本国内での住所表記は「1-2-3 新宿マンション304」といった順番で住所記入していきますが、これを海外表記にすると、

「新宿マンション304,1-2-3」といった感じでマンション・アパート名が千頭でそのあとは建物の番号から先になります。

XMの口座開設時の住所記入欄はマンション・建物名は不要となるため、

「304,1-2-3」といった形が適切な記入方法となります。

3,区町村・町名を入力

区町村・町名の入力も、番地・部屋番号と同じで日本式とは逆の記入です。

例 住吉区殿辻→Tonotsuji,Sumiyoshi-ku 渋谷区桜丘→Sakuragaoka,Shibuya-ku

区町村名と町名の間には「,」を入れて区切ります。

最初の文字は大文字で入力し、それ以降は小文字で入力を行います。

4,郵便番号を入力

郵便番号については、同じように入力を行いますが、ハイフンはいりません。ハイフンなしで7桁の数字を半角で入力していきます。

都道府県や町名のスペルが曖昧な場合

都道府県や町名をローマ字に直す際、スペルに自信がない、間違っていないか心配になるという人もいるかもしれません。

「住所英語変換サイト」というサイトがあります。ここだと正しいスペルに変換されます。

自分の住所を英語へ変換するサイト「judress」


まず自分の住んでいる住所の郵便番号を打ち込むと、該当の住所が出てきますので、そこに番地と建物名を入力するだけで自分の住所の英語スペルが分かります。

個々の結果をこれをコピーしてXMの入力フォームに貼り付けるだけで正しいスペルを使うことができます。

 

まとめ:XM口座開設時の住所の書き方

住所を英語綴りで記入することは、英語を普段使わない人、英語に苦手意識を持っている人からすれば、ちょっと厄介でめんどくさいかもしれません。

しかし、Judressのように、住所を一発変換してくれるサイトも存在しますし、しっかりとスペルを確認しさえすれば、決して難しいものではありません。

もちろん、デモ口座ではなくリアル口座なので、虚偽はいけませんし、本人確認ができない書類は再提出を求められますが、正しく流れに沿っておこなうことで、問題なくできるはずです。

 

タイトルとURLをコピーしました