IFC Marketsの評判と口コミ

IFCMarkets(アイエフシーマーケット)は、イギリス領ヴァージン諸島に本拠地を持つ、IFCMARKETS. CORP社が運営している海外FXブローカーです。日本ではなじみがありませんが、2006年創業と、10年以上の運営歴を持ち、海外では評価を得ています。ここではアイエフシーマーケッツの評判と口コミを解説します。

IFCMarketsのメリットとデメリット

IFCMarketsのメリットデメリットをあげてみました。

強み・メリット

最大年7.0%の利息が付く
MT5も利用可能
10年以上の運営歴があり信頼度が高い
固定スプレッド採用
AIG EUROPE LIMITED保険で信託保全あり
PCI(合併商品)が作れる
テクニカル分析レポートあり
ロスカット水準が証拠金維持率10%以下
約定力が高い

弱み・デメリット

スプレッドが広い
ボーナスキャンペーンが全くない
クレジットカード出金が使えない
日本語サポートが弱い
ウェブサイトが見づらい
初回入金額が高い
日本市場にあまり力をいれていない

最大年間7.0%の利息がプラス

IFCMarketsはボーナス、キャンペーンがありません。その代わりに、フリーマージンに対して最大年間7.0%の利息がつけられるのが特徴です。

1ヶ月で最低10ロット以上取引すると、フリーマージンに対して毎月利息がもらえます。これは他社にはない面白いサービスだといえます。
(※)フリーマージン=「口座残高-実行証拠金」

取引ロット数 利息率(年利)
10ロット以下 0%
10ロット~30ロット 1.0%
30ロット~50ロット 3.0%
50ロット~70ロット 5.0%
70ロット以上 7.0%

70ロット以上の取引だと、実に年利7%が利息になります。ほったらかしでの7%はかなり大きいです。得られた利息は、月末毎に取引口座へ振り込まれます。この利息は、出金も可能だし、取引にも使え、制限はありません。他社の口座開設や入金ボーナスのように「出金不可」でもありません。

預入額によって利率変更はなく、一律なので、多ければ多いほど配当額は比例して増加します。お金に余裕があれば、資産運用のポートフォリオの一部として、入金しておいてもいいでしょう。
日本国内銀行での定期預金の利率を考えれば、十分な利率でしょう。
IFCMarketsは信託保全が適用され、資産が全額補償されます。

・年利息の受取例
●フリーマージン30万円、1ヶ月10ロット取引のケース
利息率は1.0%となる。1年で、3千円の配当となる。
●フリーマージン100万円、1ヶ月30ロット取引のケース
利息率は3.0%。1年で、3万円の配当となる。
●フリーマージン300万円、1ヶ月70ロット取引のケース
利息率は7.0%。1年で、21万円の配当となる。
額の大きい大口トレーダーだと、配当も比例してそれ相応の金額になります。

大手ファイナンスグループ一員で、高水準ライセンスを所持

IFCMarketsはIFCM Groupの子会社です。
IFCMグループはイギリスのシティ・オブ・ロンドンに本社を構える世界有数の金融グループであり、そのグループ会社であることから、信頼性はあるといえるでしょう。

金融ライセンスはBVI(イギリス領ヴァージン諸島)を取得しています。
親会社のIFCM Groupは、厳格なキプロスCySECライセンスを所持していることからこのグループの信頼性、安全性が分かります。

最大レバレッジ400倍

最大レバレッジは400倍です。Gemforexの1000倍、XMの888倍には劣りますが、海外FX業者としては400倍は平均的な数値で特別低いわけではありません。国内FXの25倍と比較すると段違いで資金効率が高まるでしょう。

もちろん、ゼロカットシステムを採用しているので、投資金額以上の請求がくることはありません。

MT5、独自プラットフォームが使える

昔はMT4だけで他の選択肢がありませんでしたが、現在では「MT5」、独自の「NetTradeX」の3つの取引プラットフォームが準備されている。nettradeXはifcmarketsオリジナルだが、慣れるまでが面倒で選ぶ人は多くありません。一番良いのは、今後主流になるメタトレーダー5です。

ボーナスやキャンペーンが全くない

ifcmarketsではボーナスやキャンペーンが一切ない。TitanFXやAxioryなどは、ボーナスがない分スプレッドでの還元がありますが、IFCMarketsにはそれもありません。

IFCMarketsのスプレッドは広い

スプレッドは海外FX業者の中でも平均よりも広いです。それでもボーナスやポイントで還元されているのであれば理解できますが、そういうわけでもなく、顧客にとってのメリットが見えづらいです。

ボーナスがない分スプレッドを狭くしているのがAxiory,TitanFXといった会社ですが、それら比較しても広いです。スキャルピングについては相当に厳しいといわざるをえません。

ifcmarketsの約定力は高いですが、それでもこのスプレッドだと短期売買は難しいでしょう。

Ifcmarketsまとめ

日本市場ではなじみはなく、キャンペーンも行っていないので目立ってはいないが、10年以上継続運営しており、中堅どころとして、信頼性は持っているといえるでしょう。

ただ、スペックとしては、特に優れているものはありません。ボーナスがなくキャンペーンも行っておらず、肝心のスプレッドも広いとあっては、特別な魅力を感じないのが現状です。

ひとつユニークなのが、取引に使っていない余剰資金に、最大7%の利息がつくというサービスです。条件はありますが、お金に余裕があって手持ち資金のある人は、利息目的に口座を開設する方法はあるでしょう。

現状として、日本市場を今後力を入れていく印象はなく、それ以上の魅力を感じることは少ないように思います。

タイトルとURLをコピーしました