STICPAYとは

STICPAY(スティックペイ)はビットウォレットのようなオンラインウォレットサービスのひとつです。国際決済サービスもでき、昔のネッテラーに代わる海外FXの入金・出金方法として注目されています。

ここでは、STICPAYの有効性やメリットデメリットについてまとめました。

STICPAYとは?

スティックペイは2017年に香港で創業されたオンラインウォレット(電子財布)サービスです。歴史は浅く現時点での知名度もひまひとつです。海外の銀行に対する送金や国際決済サービスなどの業務を行っています。

競合会社としては、payeer、zotapay、megatransfer、bitwallet,netellerなどがあげられます。

STICPAYはライバル社と比較すると後発組になります。これらのサービスで送金時間が短くなり、手数料も安くなるサービス内容は他社と同じです。

STICPAYでできること

スティックペイを利用することで、以下のことができるようになります。

・入金(クレジットカード入金、銀行振込・ビットコイン等仮想通貨)
・出金(国内銀行出金・海外銀行送金・STICPAYカード)
・ATM出金(STICPAYカード)
・送金(海外FX口座・オンラインカジノ口座)
・決済(オンラインショップ)
・受取(ユーザー間)

STICPAYを使うことで、海外送金時間が短縮でき、手数料も抑えることができます。

FX投資であれば、XMやFXGTなど海外の証券会社の口座開設をおこなった時の出金、入金の手数料を抑えられますし、海外FX口座以外にも・ブックメーカー口座・オンラインカジノ口座への入出金もできます。

海外のECショップで現地通貨を使った買い物や決済もできます。日本国内だけでない国境を超えた個人間の送金もできます。

「STICKPAYカード」という名前のMasterCardのデビットカードを作ることで、日本の銀行ATM・海外の銀行ATMからの出金をはじめ、MasterCard加盟店での支払いをできます。

STICPAYのメリット

スティックペイを使うことのの長所についてです。新しいサービスなので、ピンとこないという人もいますが、メリットはいろいろあります。

STICPAYカードが作れる

STICKPAYカードとは、MasterCardブランドのデビットカードです。

■STICKPAY Cardでできること

・国内銀行ATMからの出金
・国内コンビニATMからの出金
・MasterCard対応店舗での支払い
・海外ATMからの現地通貨出金

海外ATMが使えるのは、海外出張の多いビジネスマンや、海外旅行などで重宝します。

・カード作成は簡単

クレジットカードで審査に通らなかった人もいるでしょうが、あくまでもデビットカードなので、審査基準はクレカより厳しくなく、審査はほとんどの場合通るでしょう。

条件があって、STICKPAY口座に35ドル(配送料)以上の残高と、パスポートが必須となります。

審査申し込みから、配送までは約2~3週間ほどです。

完全日本語対応のサービス

ホームページや公式アプリを見ても分かるように翻訳機を使っただけのような言い回しの不自然な日本語ではなく、ナチュラルな正しい日本語で書かれています。

顧客対応のサポートセンターも完全日本語対応で、英語ができなくて問題ありません。返信もスピーディで丁寧で不満点はないでしょう。

*STICPAYの日本語サポートセンターメール

一般の問い合わせ:account@sticpay.com

口座関連の問い合わせ:account@sticpay.com

入出金関連の問い合わせ:funds@sticpay.com

後発組だが信頼性は高い

STICPAYは他社よりも新しいサービスのため「信頼性にかける」と心配に感じられるかもしれませんが、安全性、信頼性は今までも大きなトラブルはなく高い部類に入ります。

・STICPAYカードがMasterCardブランド
・イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)のサンダーランドAFCとスポンサー契約
VISAと並ぶブランドであるMasterCardとの提携や、プレミアリーグ1部のチームがスポンサー契約できています。

これらの会社とスポンサー契約ができるということは資本力、安定性があり信頼性・安全性が高いといってもいいでしょう。

マスターカードもサンダーバードAFCも会社基盤を考慮して提携しているので、詐欺を働いたり、急な業務停止などの可能性は極めて低いといえます。

STICPAYのデメリット

スティックペイの短所についてです。メリットだけでなく、オンラインウォレットとしてのデメリットもありますし、新興会社ならではの不安定さなどもあるでしょう。

国内銀行入金に非対応

STICPAYは、現在国内銀行入金に未対応となっています。

クレジットカード入金は手数料が3.85%かかりますし、海外銀行入金は手続きに時間がかかります

。入金方法として国内銀行が使えないのはマイナスポイントとなりますが、今後は改善余地ありとの言及もあったために、これからは改善される可能性もあります。

手数料がやや高め

STICKPAYは手数料がやや割高です。ずば抜けて割高というわけではないのですが、繰り返し入金出金を行うと、その手数料の差もバカにはできません。

クレジットカード入金手数料の場合、bitwalletが入金額の4.00%、sticpayが入金額の3.85%とsticpayに軍配があがりますが、それ以外だと、bitwalletの方が安いです。

ただし9,000円以下の少額出金がメインですとSTICKPAYが安くなります。

5,000円の出金を行うとすると、STICKPAYでかかる手数料は、2.5%(125円)+600円で合計725円、bitwalletは一律824円となる。このように出金手数料は少額だとスティックペイがやや安いです。

■STICKPAYを使った方がいい人

・bitwallet非対応の海外FXブローカー利用者

ビットウォレット対応業者増加に伴い使用者も比例して増加していましたが、ビットウォレット非対応で、STICKPAYのみに対応している業者も少数ですが存在します。

・少額での出金がメイン

低額(9,000円以下)の出金の場合、STICKPAYの方がbitwalletより出金手数料が若干安いです。

現在STICKPAYに対応している業者は6社あります。

LANDFX、Axiory、MyfxMarkets、GEMFOREX、Tradeview、TitanFX

ランドFX、アキシオリーは、は日本人にも人気が高いのですが、Bitwalletに未対応なので、代替としてSTICKPAYを使いはじめた顧客も多いです。

■STICKPAYは歴史の浅さが・・

スティックペイは創業して年数がたっていないので、まだまだ未知数でこれからという感じが否めません。

bitwalletと比較してみると、双方のトータルのスペックからどちらがいいというと、bitwalletが優勢でしょう。

両社ともに対応しているFX業者だったら、bitwalletで十分でしょう。逆にランドFX、アキシオリーユーザーのようなスティックペイのみという会社だったら、STICPAYでもいいでしょう。

STICPAYまとめ

STICKPAYは後発ということもあり、期待された反面伸び悩んでいる印象もあります。現在ではbitwalletに差をつけられています。

もちろんスティックペイ側もこのままでいいと思っているわけではなく、改善策は進んでいるので、これからという観点では、まだ期待してもいいでしょう。

オンラインウォレット業界は、非常に動きが激しいです。現時点ではビットウォレットの強さが目立ちますが、これが3年後、10年後をみてみると、このシェアが逆転していた、という話になっていても不思議ではありません。

これらはどうなるかは常に注視していましょう。

タイトルとURLをコピーしました