XMの金融庁未登録は違法ではないの?

XMtradingは海外のFX業者です。日本の金融庁に登録していないことで、「怪しい違法業者なのでは?」「安全性が確認できずに不安・・」と感じる人がいるかもしれません。結論を言うと、日本の金融庁に登録していなくても違法ではありませんし、XM自体は真っ当な金融業者で安心して取引できるブローカーです。

その理由について解説していきます。

XMはあえて金融庁に登録していない

知識のない初心者の方にとっては、「XMのような海外FX業者は金融庁に登録されていないから怪しい、危険じゃないの?」

と思いがちです。

そう感じるのも仕方ありませんが、実は、XMは日本人向けに海外FXのメリットを孫文に発揮したサービスを提供するために、あえて金融庁に登録していないだけなのです。

「金融庁に登録できないのは詐欺を働く悪質なFX業者」

ということは全くありません。

XMは世界でも最大手のFX会社です。グループ全体では、

・イギリス金融行為監視機構(FCA)
・キプロス証券取引委員会(CySEC)
・オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
・セーシェル金融庁(FSA)
というように、世界中の金融監督機関の金融ライセンスを多数取得しており、ノーライセンスの詐欺業者とは全くの別物です。

金融ライセンスとは?

当該国の金融当局(日本だと金融庁)から、「金融業務を行うことを許可する」と正式に公認をもらうことです。

これにより、安全性・信頼性を謳って看板を掲げることができるようになります。

日本の金融庁に登録するメリット

登録するメリットとしては、日本金融庁のお墨付きがあるということで、顧客からの信頼感、安心感、安全性が高まります。

 

日本の金融庁に登録するデメリット

逆に登録されていることでの、デメリットも発生します。

・レバレッジの上限が25倍まで
・ゼロカットが適用されない

国内業者であれば、レバレッジが25倍MAXとなってしまいます。対して未登録のXMであればレバレッジ888倍とその差は圧倒的です。

多くのトレーダーが、FXの魅力の一つとしてハイレバレッジをあげるわけですが、国内業者であれば、その旨みがなくなってしまいます。

また、海外FXではゼロカットシステムを採用しているところがほとんどですが、日本の金融庁認可の業者ではゼロカットを採用することができず、顧客が追証を背負う羽目になります。

これは金融商品取引法第39条で、FX取扱業者は顧客の損失を補てんしてはならないと記載されているからです。

追証があるかないかというのは、借金を背負う可能性があるかどうかという意味で、その心配のない海外FX業者に軍配が上がるのは当然です。

まとめ

XMは日本の金融庁未登録ですが、違法ではなく私たちがトレードしても何の問題もありません。XMは顧客サービスなどを踏まえたうえで、「あえて登録しない」という選択をしているだけのことです。

そしてその選択によるメリットがデメリットよりもはるかに大きく、それはそのままトレーダーの利益に直結していることを知っておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました