XMのレバレッジ規制について

海外FX業者XMのレバレッジ888倍は国内FX業者を使っていた人からすれば、けた違いのハイレバレッジに感じられるでしょう。

ただし、このレバレッジについては規制がかかる場合があります。

レバレッジ規制される3条件と規制解除の方法や条件について解説していきます。

XMのレバレッジ規制とは

XMのレバレッジにはルールが存在します。

最大レバレッジ888倍にする人が多いですが、一定の基準や通貨ペアによっても規制がかかり、制限されます。規制のかかるルールを知っておきましょう。

・有効証拠金が一定額を超えた場合
・大統領選挙や経済指標時などビッグイベント
・マイナー通貨・エキゾチック通貨ペア

・口座証拠金が200万円相当額を超えた場合
XMは有効証拠金が一定額を超えるとレバレッジ制限がかかります。(有効証拠金は「残高+損益」でボーナスも含みます)

有効証拠金に対してかかるレバレッジ制限は決まっています。

口座タイプはスタンダード・マイクロ口座共通(ゼロ口座のみ最大500倍)。

有効証拠金 最大レバレッジ
500円~200万円 888倍
(上限のレバレッジ分可能)
200万~1000万円 200倍
1000万円以上 100倍
・2万ドル以上からが200倍に制限・10万ドル以上からが100倍に制限

が目安となります。

■大統領選挙や経済指標時といったビッグイベント
相場の値動きが大きくなりそうな大統領選挙や、経済指標時、などのタイミングでは事前にレバレッジ制限をかけます。

ただし例外もあって、地震、テロ、災害といった予想できないときや、経済指標でも想定外の変動時にはレバレッジ制限が間に合わないこともあります。こういった時でもゼロカットシステムがあるので、最悪の事態は免れることが多いので、XMを使うことはそういった意味でも安心感が高いのです。

マイナー・エキゾチック通貨ペアは制限あり

XMのマイナー通貨、エキゾチック通貨ペア取引には最初からレバレッジ規制がかけられています。メジャー通貨ペアと比較しえtもボラティリティが高く、ちょっとの変動でも値動きが激しく損失が大きくなるのを防ぐためにもレバレッジに制限があるのは仕方ないともいえます。

マイナー通貨の取引にはレバレッジ規制を解除する方法はないので、規定のレバレッジでトレードしましょう。

レバレッジ制限の解除はできない

888倍は魅力的ですが、レバレッジ制限がかかったときの解除は基本的にはできません。マイナー通貨は元々制限がかかっていて変更できませんし、イベントの制限についてもトレーダー側ではどうすることもできません。

レバレッジ制限を解除する方法

イベントやマイナー通貨以外であれば、解除する方法もあります。「有効証拠金が増えた時」がレバレッジ規制の対象となるので、証拠金を減らせばOKになります。出金して減らすことで可能になります。

あとは、タイタンFXなどレバレッジ規制がない会社でトレードする方法もあります。
TitanFXは500倍が最大レバレッジとなり、XMの888倍と比較するとやや見劣りしますが、国内の25倍よりは断然優れています。

タイトルとURLをコピーしました