XMはDDでなくNDD方式。そのメリットについて

NDD方式とDD方式。トレードを行うときには全く意識することはありませんが、この2つの方式は全く異なるものだといってもいいでしょう。

同じFX会社であっても、どちらの方式を取り入れているかでトレードの結果も全く異なるものになってきます。

XMはNDD方式を採用していますが、そのメリットについて解説します。XMの注文処理方式自体がメリットの一つとなることが理解できると思います。

XMがNDD方式を採用しているメリット

XMtradingは海外FX業者で主流のNDD方式を採用しています。国内業者主流のDD方式とは異なっていますが、計り知れないメリットがあります。

取引条件がトレーダーに不利にならない

NDD方式のXMは取引条件がトレーダーに不利になりません。

国内FX会社はほとんどDD方式を採用していますが、FX会社と投資家の利益が相反するため、トレーダー側にマイナスになる事象が発生します。

・ストップ狩り
・スリッページ
・不利なレート変更
・故意のリクオート
・意図的なシステムダウン

これに対してXMのようなNDD方式採用会社は、投資家の利益=FX会社の利益になるため、不利な取引条件に陥ることなく、トレード環境がマイナスになることがありません。

トレードがフレキシブルで自由度が高い

XMのNDD方式はフレキシブルでトレードの自由度が高いです。

DD方式のFX会社は、投資家の注文をディーラーが処理しなくてはいけないことに加えて、投資家の利益が会社の損失になります。DD方式ではスキャルピングや自動売買ツールの利用が禁止となるのはそのためです。

しかしNDD方式採用のXMにとっては、スキャルピングであれ、自動売買ツールであれ、投資家のトレード量に比例して利益になります。このためNDD方式の会社は取引制限はほとんどなく、秒スキャや自動売買もできるのです。

約定率が高い

NDD方式は約定率が高いです。

約定率とは、投資家が出した注文が、意図通りに成立する確率のことです。成行注文を時に表示レートで成約するほど約定率が高く、スリッページや約定拒否が発生すれば約定率が低いわけです。

DD方式はディーリングデスクが間に入るため、約定率が低いです。対するNDD方式は投資家の注文がインターバンクに直結しているので、高約定率です。

 

  約定力
(執行率)
約定率 約定スピード(平均) 約定スピード(最高)
XM 100% 99.3% 0.336秒 0.277秒
AXIORY 99.89% 98.89% 0.352秒 0.298秒
TitanFX 99.71% 99.32% 0.446秒 0.266秒
FXPro 94.78% 91.98% 0.379秒 0.343秒
FXDD 98,5% 91.20% 0.308秒 0.203秒
約定力、約定率ともにXMが高いレベルの数値であるのが分かります。

XMがNDD方式採用しているデメリット

XMがNDD方式のデメリットもあげておきます。

それはDD方式のFX会社よりも、スプレッドが広い傾向になることです。

DD方式採用のFX会社は投資家が負けが、会社の利益につながります。つまり、スプレッドで利益を得る必要がないので、スプレッドが狭くできるのです。

NDD方式のFX会社の収入源がスプレッドとなるため、DD方式の会社よりもスプレッドを広く設定しなければいけません。

ただしXMはスプレッドが広い分、XMP(XMポイント)や入金ボーナスなどで投資家に還元するように努めてくれています。XMは大きな企業ですが、投資家を大切にする姿勢が支持を受けて業界の最大手でいられる理由でもあるのです。

XMのNDD方式まとめ

NDD方式とDD方式が全く別物であること、そしてXMトレーディングはNDD方式を採用していることが大きな強みとなっています。

DD方式ではFX会社と投資家の利益が相反し、NDD方式では投資家とFX会社の利益は相反しません。

NDD方式の会社は、平均してスプレッドが広いですが、DD方式のFX会社と比較しても取引環境がしっかりとしており、安心してトレードを行うことができます。

仮にXM以外の会社で取引を行うにしても、NDD方式であるかどうかを確認しておくことがトレードで利益を得られるかどうかの分かれ目になるといえます。

 

タイトルとURLをコピーしました