XMでは法人口座開設ができない件

税金の関係などから「XMで法人口座を開設したい」と考えている人も多いでしょう。

現在ではXMトレーディングの法人口座開設は残念ながらできなくなっています。

ここでは法人口座の特徴とメリット・デメリット、他の海外FX業者の法人口座事情について解説します。

XMでは法人口座開設ができない

現在XMでは法人口座を作ることができません。昔は法人口座開設ができたのですが、現在は受付を休止しています。

どうしても海外FX業者で法人口座を作るのであれば、他の海外FX業者で口座開設を行えばいいでしょう。

法人口座が開設可能な海外FX業者

法人口座を開設できる海外FX業者は複数あります。

TitanFX、LAND-FX、AXIORY、iForex

この4社は評価が高いです。いずれの会社も金融ライセンスを取得していて、運営歴も一定以上あるので、安全度や信頼性も高いです。

TitanFX

タイタンFXはスプレッドが狭いことで有名です。XMを使っていた人もスプレッドでタイタンに移行する人もいます。スキャルピングトレードにはもってこいな会社がtitanFXです。

その代わり新規口座開設ボーナス、入金ボーナスといったボーナスキャンペーンが一切ありません。ボーナス目当ての人にとっては、厳しいかもしれませんね。

入金ボーナス目当てであれば、XM、LAND-FXといった会社がおすすめできます。

LAND-FX

LAND-FXは狭いスプレッドとボーナスが豪華な会社です。

入金ボーナスでいえば、最大50万円まで100%ですし、金融ライセンスは最難関の「FCA」を取得しており、FX会社としての信頼度も完璧です。

landfxは上級者好みの会社ですが、スキャルピングに対しては、厳しいのでその点は注意です。

AXIORY

AXIORYは取引ツール「cTrader」が使える、スキャルパー御用達の会社です。cTraderは約定スピードが速く、スキャルピングに向いているツールです。

スプレッドもタイタンFXレベルに狭いので、スキャルピングのような多頻度売買を行う人にとっては最適でしょう。デメリットは入金・出金でbitwalletが使えないことです。

iForex

iFOREXは、老舗の会社の一つです。XMよりも歴史が長く日本国内でも海外FXを知るきっかけになった、という声も多数あります。

ハイレバトレードを行う「アイフォ戦士」なる言葉も生み出しました。

海外FXで法人口座を作るメリットとは

海外FXで法人口座を作るにあたっては大きなメリットがあります。

メリット

・7年の繰越控除で、節税が可能
・税率が30%(個人はMAX50%)
・経費で落とせるものが増える
・社会的地位の獲得
・法人代表(社長として信頼度UP)

デメリット

・法人設立、納税手続きが面倒
・FXが赤字でも、税金がかかるケースあり
・自由度が減る

法人となると節税効果、社会的地位は高まりますが、労力もかかります。一つの会社となるわけですから、その分責任も増すといってもいいでしょう。

XMの法人口座まとめ

以前は可能だったものの現在では、XMtradingでは法人口座を開設することはできません。もしどうしても法人口座を開設したいのであれば、上記の4社で開設するのが安心です。

これらの4社は金融ライセンスもあり、歴史も長く信頼度、安定感も十分にあります。

ただし、法人口座を作ることについては、メリットだけでなくデメリットもあることを知っておくべきです。

法人口座を開設しようとして、その長所と短所を天秤にかけた結果、個人口座のままでいいという判断を下したトレーダーは数多くいます。メリットがはっきりと大きいと感じられるのでなければ、法人口座開設は考え直したほうがよいでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました