XMの無料ウェビナー(ウェブセミナー)を存分に使い倒そう(実は有料レベルの内容)

XMのウェビナー、活用していますか?無料で受講できることから軽く見られがちですが、結構レベルが高く、初心者はもちろん上級者でもおすすめできる内容なのです。

XMの無料ウェビナーは有料級の内容

多くの初心者がFXの勉強を始めるときは、本やウェブなどで情報を探して学び始めるでしょう。中には、情報商材やFX投資塾というスクール形態も存在します。

本であれば千円程度の投資ですむが、情報商材であれば数万円、塾やコンサルであれば、数十万や100万円超えといったところもあります。非常に高額なところも多いです。

独学であれ、先生について教わるのであれ、しっかりとした内容のものであれば問題ありませんが、中には価格に見合わない残念な内容があるのも事実です。詐欺といわれて訴訟に発展し、裁判沙汰になる事例も報告されています、。

そういったものには、絶対に手を出してはいけません。

それに引き換えXMでは、独自に顧客の教育目的で作られたウェブセミナーが用意されています。

無料なので軽視している人もいるようですが、これは優良級の内容も含まれています。おまけにXMのウェビナーは口座開設をおこなわなくても受講が可能です。

ゲストとして申し込むだけで、開催時刻に指定URLにアクセスするだけで受講可能です。内容は毎回異なっており、ファンダメンタルズ、テクニカル分析はもちろんのこと、メンタル面の強化も含まれています。

講義は日本語で日本人講師(秋又龍志氏)が担当、録画を繰り返し放送するのではなく、ライブ放送をリアルタイムで送ってもらえるようになっていまする。

もちろんウェブでの受講なので、地の不利も存在しません。
リアルセミナーであれば、ほとんどが東京開催になるが、PC上で完結するので、地方に住んでいても、海外在住であっても、ネットにつながってさえいれば、同じ講義を受講できるのです。

講義の最後には質疑応答もあるので、ここで疑問が解消されることもあるでしょう。

受講語には、ウェビナーで使ったPDFや、MT4インジケーターなどが提供されることもあり、アフターフォローも万全です。

トピック
第1回 「FXと他の金融取引との圧倒的な違いと、交換レートについて」
第2回 「ローソク足」第1回 交換レートの推移
第3回 「ローソク足」第2回 和製テクニカルについて
第4回 「チャートに騙されるな!」
第5回 「サポート&レジスタンス、なぜか意識されるポイントについて」
第6回 「為替市場ならではの値動き特性とは?、サポレジ2」
第7回 「FXにおける最大の面白さ、レバレッジについて」
第8回 「移動平均線を考察する」
第9回 「トレードに関する質問承ります」視聴者からの質問に回答
第10回 「斜めの値幅考察 FX取引は交換レートの差を狙う」
第11回 「環境認識とトレードシナリオ」
第12回 「投資脳とギャンブル脳」
第13回 「高値切り下げ・安値切り下げ&その逆パターン」
第14回 「フィボナッチの話を信じますか?」
第15回 「一発ドカンと痛い目にあった人のトレード矯正」
第16回 「レートの二度付けあり、ソースの二度漬けなし」
第17回 「単発ポジションよりゾーンポジション」
第18回 「トレードに関する質問承ります」視聴者からの質問に回答

この18回が繰り返し放映されるがライブなので、録画とは違い、毎回違った気づきが得られるようになっています。

何回も繰り返してみることが大切

こういった知識は1回だけみると分かったつもりになってしまいます。
ただ一度見ただけでは決して自分のものにはなりません。

何度も繰り返してみて自分の潜在意識にまで届くようにすることが大切です。

そのレベルまで行ってはじめて自分のものにしたといえます。

録画でないので、何度も見てもその都度新しい気づきが得られることでしょう。

デイリーマーケット分析

以外に見られていないのが、デイリーマーケット分析です。

動画は5分~10分以内に収まるようになっており、日常の時間を浪費することもありません。通勤時間や会社の休み時間といったちょっとしたスキマ時間でチェックすることも十分にできます。

内容は、XMで取り扱っている金融商品全般なので、取引の前に一通りチェックしておくと、相場全体としての傾向をつかむこともできます。

メジャー通貨しか取引しない人であっても、全体の流れを知っておくことは重要です。動画以外でも、公式ブログでマーケットのニュースが配信されています。

こちらもブックマークしておくことで、毎日の重要事項が分かるようになっているのでチェックしておきましょう。

動画での分かりやすいMT4の操作説明

慣れている人にとっては問題ないが、初めての人にとっては操作方法がやや難しいメタトレーダー4。この操作方法をXMのスタッフが動画で解説してくれています。

MT4を使っているのであればこの解説動画は見なくても構いませんが、意外に知らない操作方法もあるので、見ておいて損はないでしょう。

XMのウェビナーのメリットとデメリット

メリット

・完全無料
XMのウェビナーは講義はもちろん配布PDF、インジケータも含めてすべてが無料で料金が一切発生しません。

FXをやる上では避けて通れないポイントを講義にしてくれているので、必須ノウハウをただで知ることができます。

実は、他社の有料セミナーで行う内容と比較しても遜色ないレベルに仕上がっています。

有料セミナーに申し込んだり、情報商材や書籍を購入する前に、無料ウェビナーで勉強しておけば相当な知識が得られます。

・XMの口座開設していなくても参加可能

参加するにあたって、口座開設が必須、なんてことはありません。
XMユーザーのみが見られるサービスではなく、部外者であっても視聴、参加することができます。

XM側としては、FXユーザーの裾野を広げ、多くの知識を得てもらうために行っています。
この無料講座自体がXMの知名度を上げる宣伝にもなっているわけで、無理に顧客になる必要はないわけです。

セミナー後もしつこい勧誘などは一切ありません。名前、電話番号、メールアドレスの登録だけでセミナーに参加できます。

・日本人講師が日本語で講義

日本人のプロトレーダー、秋又龍志氏が講義を担当しており、解説は完全日本語のため、言葉の壁がありません。

他社でもウェビナーを開催しているところもありますが、英語での講義で、日本語訳もないため、英語が理解できない人にとっては、受講しても厳しい面があります。

・録画ではないたライブ配信なので、繰り返し見て理解が深まる

XMのウェビナーは録画された動画を配信するのではなく、その都度ライブ配信を行っています。
ライブ配信なので、同じ内容であっても繰り返し見ることで、理解がより深まることになります。

受講テーマには質疑応答だけの回もあるので、そこで疑問点を講師に尋ねることもできます。


・地方でセミナー会場にいけない人でも受講可能

本業が忙しい方や主婦の方、地方でセミナー会場に行けない、という人であっても、オンラインセミナーなので、ネット環境があれば、受講ができます。

会場でのFXセミナーなどを受講した方は分かると思いますが、交通費や宿泊費もバカにできない金額がかかってしまいます。

・受講時に使われたPDF資料やインジケーターがもらえる

XMのウェビナーではPDF資料をレジメとして講義を進めていきます。

そして、翌日に講義で使われたPDFレジメがメールで送られてきます。

MT4用インジケータがもらえる回もあります。インジケーターは有料で販売しているところもありますが、初心者は無料のインジケーターを使ってトレードに慣れていった方がいいでしょう。

・あらかじめ受講テーマが公表されているので、スケジューリングがしやすい

XMウェビナーは、毎月月初に2ヶ月先までのスケジュールと講義のテーマが公表されます。

事前にわかるので、自分が受講したいテーマがあれば、事前にスケジューリングすることができます。ウェビナーのスケジュールと内容は、「XM公式サイト: 今後開催予定のFXウェビナー」で確認可能です。

デメリット

・無料なので軽視されやすい

多くの人は、有料をありがたがって、無料の物を「所詮はタダ」と軽視する傾向にあります。
これは、実にもったいないことです。

XMのセミナーは、通常だったら有料でもおかしくないようなレベルのものが無料で開催されています。無料だからと言って軽く考えずにしっかりと受講することをおすすめします。

・テーマごとの申し込みが必要
ウェビナーの受講テーマは、一括で申し込めず、その都度登録しての申し込みとなります。
全部受講しようと思っても、一つ一つの登録作業が必要なので、その手間がかかってしまいます。

 

海外FXランキング
Land-FX

業界でもトップクラスの狭いスプレッドは、国内FX業者と比較しても見劣りしないほど。
スリッページのないシステムに、500倍の倍レバレッジ。最大50万円になるまで毎回100%ボーナスが付与されるのも他社ではみられない。
低スプレッドと約定率、豪華なボーナスを両立させているのはLANDFX(ランドFX)だけだろう。

XM(XMtrading)

業界最大手のXMtradingは、大手ならではの安心感と信頼性がうりだ。知名度はもちろん、約定力、ボーナスの充実度、きめ細かい日本語サポートなどどれをとっても一定水準なのが安心できる。スプレッドは狭くはないが、充実したボーナスで相殺されるし、日本語サポートも迅速丁寧、どれをとっても水準以上なので安心感を持ったトレードができる。

FXGT

FXGTが「ハイブリッド取引所」と呼ばれるワケは、通貨ペアをはじめとして株式、商品、仮想通貨もトレードできるという点だ。仮想通貨は世界でも最も狭いスプレッドとなっているので、今まで他社で取引した仮想通貨トレーダーも参加をはじめている。

FXレビュー
myfxをフォローする
海外FXレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました