XMは両建て禁止ではないが、規約違反のやり方はバレる

「両建て」を活用する人は多いですが、XMでは両建てを行うことを認めています。ただし、その中でも規約違反の両建て、禁止事項に抵触する両建てもあり、これらを行うと、口座凍結などペナルティが課される可能性もあります。

ここでは、XM tradingでやっていい両建てとダメな両建てのポイント、規約違反の両建て、バレた場合にどうなるか、についてまとめました。

XMの両建てのメリットとデメリット

XMの両建てとは、XMリアル口座において1つの通貨ペアで売りと買いのポジションを同時に持つことをいいます。やるにあたっては長所も短所もあります。両建てを行うメリットとデメリットをあげてみました。

両建てのメリット

1、同時に複数トレードが可能

ポジションを複数持つことができます。通常のいわゆる追撃買い、追撃売りはもちろんですが、例えばドル円で、スイング狙いで買いポジションを保有中で、戻り売りの売りポジションを短期で持った場合、意図的ではないが、結果として両方のポジションを持っていることで両建てとなっています。

XMは1つの口座での両方の保有を認めているので問題ありません。

2、証拠金が0になる

XMでの両建ての特徴として、「同じロット数での両建ては、両建てポジションでの証拠金は0になる」があります。

他社であれば、両建てした場合片方、もしくは両方のポジションの証拠金が必要になるケースがほとんどだが、XMの両建てでは当てはまりません。

0になると、証拠金に余裕ができるので、強制ロスカット率も減らせます。

3、トレンド相場時の利益を伸ばせる

保有ポジションのレートが思惑通りに伸びている場合、そのトレンドが終わりか、そのまま継続するか読めないケースがあります。

この場合、両建てをしてまず利益固定した後、トレンド終了なら全ポジションを決済し、トレンド継続なら反対注文のポジションを決済して、もう片方の反対側のポジションでトレンドについていくことができます。これでトレンド発生時の利益をさらに伸ばすことが可能です。

4、XMP(XMポイント)を往復分得られる

両方のポイントが付くので、単純に2倍にポイントを得られます。短期売買をしているトレーダーはエントリー回数が増える分、XMPの増加も加速します。

両建てのデメリット

逆にデメリットもあります。

1、トレードシナリオをミスすると、その分損失が大きくなる

ロット数を想定以上に増やしたり、決済ポイントがずれて損切りタイミングを間違えると、損失が余計に増えてしまいます。損切りポイントでロスカットをどこに設定するかは事前に決めておく必要があります。

2、長期保有だと、マイナススワップポイントが余計に加算される

スキャルピングなど短期では問題ありませんが、スイングトレードになるとマイナススワップを考慮に入れる必要があります。日をまたいての保有だと、プラススワップは心配ありませんが、逆にマイナススワップだと損失が積み重なります。

3、知らずに規約違反をする可能性がある

XMtradingでは認めている両建てと認めていない両建てがあります。規約を知らずに禁止事項の両建てを行うことがあります。

当然XMからはペナルティが課されるので、約款には目を通しておきましょう。

XMが禁止している両建てとは

XM同一口座内、同一通貨ペアでの両建てを認めています。しかしそれ以外については認めていません。禁止両建ては以下の通りです。

1、XM内の別の口座間での両建て

XMは最大8つの口座を持つことができます。同一口座内での両建ては可能ですが、XM内の複数口座間の両建ては認められません。理由は「セロカットシステム」というマイナス残高をリセットする仕組みによるものです。

「ゼロカット」は、本来顧客の不意の損失を防ぐためのものです。トレーダーが追証を抱えてしまうのを防ぐ目的もあるため必要なものですが、ゼロカットを「別口座間での両建て」とを組み合わせると、トレーダーが損しない取引が可能になってしまうのです。

これはXM側にサービスの悪用だと判断されてしまいます。

2、XMの口座と他社との口座間の両建て

他FX業者との口座を使った両建ては禁止です。例えば、XMとFXGTの両方に口座開設を行い、XM、FXGTで同じ両建てポジションを持ち利益を獲得することはできません。

一つの会社でトレードしている人は心配ありませんが、複数の会社、特に裁量トレードとEAの両方を別々の会社で使っている場合要注意です。本人が気づかないうちに別口座間の両建てをしている可能性も出てきます。

3、複数の人間にによる別口座間での両建て

数人が組織として別口座間で両建てを行うことはできない。以前そういった詐欺グループが詐欺を働こうとして未遂に終わったこともある。悪事は絶対にバレるので、絶対に手を染めないようにしましょう。

両建てはバレるの?

両建てを行ったことは最終的にバレます。「ばれなければいい」という考えはダメです。XM側ではしっかりとしたチェックを行っています。

もし禁止事項の両建てを行い、規約違反がバレた場合は、出金拒否、口座凍結、レバレッジ制限、といったペナルティが課されます。

特にXMの規約を知らないまま両建てを行った場合は、本人が納得しないうちに当座凍結、出金拒否になる恐れがあります。やっていいことと、やってはいけないことをしっておくために約款にも目を通しておきましょう。

他社の両建てはどうなっている?

XMtrading以外の会社の両建てはどうなっているのでしょうか。

FX業者名 同一口座の両建て 複数口座での両建て 異業者間の両建て
XM ○ × ×
LandFX ○ × ×
iForex ○ × ×
Hotforex ○ × ×
Axiory ○ ○ ○
Tradeview ○ ○ ○
TitanFX ○ ○※ ○※
FBS ○ ○※ ○※
※キャッシュバック、ゼロカット狙いNG

会社によって差があるのが分かりますね。XMは同一口座の両建てしか認めていない。さや取り(両建て)狙い手法を考えているのであれば、アキシオリーかトレードビューのどちらかを利用することになります。

XMの両建てまとめ

XM口座を使った両建てはとても難しく難易度が高いので、初心者が簡単に手を出せるものではありません。

「ゼロカットシステムを使って、両建てを行って利益を伸ばす」手法もありますが、それはゼロカットシステムの本来の活用方法とは違った使い方で、規約にも禁止と書かれています。規約に違反すると出金拒否、最悪の場合ですと、再度の口座開設もできなくなります。

「バレなければいい」ということではありません。いつかはバレますし、規約はルールとして順守する必要があります。出金トラブルに見舞われないためにも、やってはいけないことはしっかりと把握しておく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました